2017年06月11日(Sun)

twitter アカウントがロックされた

昨夜の国会前の集会のレポートをツイートしてしばらくした後、アカウントがロックされアクセスできなくなってしまった。「自動化云々の違反」とのこと。自分への返信の形で連続ツイートしたのがひっかかったのか。
ウェブ上で解除の手続きをしようとすると、電話番号の入力をうながされるのだが、登録した覚えがないので認証できないはず。「異議申し立て」フォームから、その旨を報告し、自動返信メールへの返信の形で電話番号承認以外の方法で解除を申請した。返信はまだない。

ログオフ状態から見たアカウントのトップ画面。人聞きの悪いことを書かれてる!
ツイートそのものは見れるようだ。
キャプチャ.JPG

(追記2017/06/11 22:38)
解除されました。通知メールによれば、
「Twitterは大量に自動生成されるスパムアカウントに対処するため、これらを機械的に検出して一括削除するシステムを採用しています。今回、こちらのアカウントはシステムによりスパムグループとして誤検出された可能性があります。このような誤検出は、Twitterルール(https://twitter.com/rules)に違反する自動化動作が見られるアカウントに対して起こることがあります。」とのこと。
「Twitterルール」を見てもピタリとあてはまるものはなく、やはり連続返信が原因だったかと推測しています。オフラインで書き終えてからコピペで投稿したため作業時間が16分程と、通常の書込みより早かったことも原因かと。

posted by tsurudep at 00:00 | Comment(0) | 日記