2016年01月24日(Sun)

「安保法制廃止!墨田区民集まれ!」集会&パレード

「安保関連法案に反対するママの会@墨田」主催の「安保法制廃止!墨田区民集まれ!」集会&パレードにいってきました。参加者は350名。お天気には恵まれたけど、風は強く冷たかった〜。
CIMG5969.jpg

CIMG5787.jpg

CIMG6003.jpg CIMG6046.jpg

墨田区在住の絵本作家、塚本やすしさん。自身が手がけた「京大有志の会」の声明文の「子ども語訳」を手に、怒りをこめた渾身の朗読!
CIMG5811.jpg CIMG5815.jpg CIMG5817.jpg CIMG5819.jpg

東駒形教会の酒井薫牧師は、亡き野坂昭如さんの「満潮主義」が現実になっているとのお話。東向島のレストランカタヤマの片山幸弘さんは80歳、自らの戦争体験を語りつつ涙ぐむ場面も。野党はなんとしても共闘!とのメッセージ。
CIMG5826.jpg CIMG5846.jpg

神奈川からかけつけた T-ns SOWL の高校生ぴかさん。後ろで見守るうつけんさんの視線がヤサシイ。SEALDsの加藤さん(学芸大)は、SASPL時代からのスタッフ。教育現場をめざす学生の声を紹介。
CIMG5855.jpg CIMG5884.jpg

浅野清美墨田区議からは、ママの会の請願が決議に至らなかったものの、野党一致して賛成につき共闘ができたことの報告。
CIMG5888.jpg

CIMG5864.jpg CIMG5892.jpg

宇都宮けんじさんからは、江東・墨田両区こそ、戦争反対の声をあげなければならないと。貧困と格差の問題はごまかして、米国の要請だけをきき軍拡競争と憎しみの連鎖を増そうという安倍政権を批判。しかし「微力は無力ではない」
CIMG5931.jpg CIMG5940.jpg

ママの会@墨田代表中村華子さんの掛け声で出発したデモは、錦糸公園から東京スカイツリー駅までの約1.7km。サウンドカーからの若々しいテンポあるコールで、冷たい空気も吹き飛ばす勢い。たのしいデモになりました。
CIMG5960.jpg

CIMG5984.jpg CIMG5993.jpg CIMG6057.jpg

埼玉からかけつけたN郎♪さんともお話ができました。MIDDLEs代表岩脇さんのお顔も見えた。趣旨に賛同した千葉県八街市の農家さんから200本の大きな大根が提供されましたが、うっかりしている間にもらいそこねてしまった。残念。

解散後、錦糸町まで戻りましたが、身体が冷え切ってしまったので、昼からやってる駒鳥さんで熱燗飲んで帰りました♪

そうそうチャイゴンさんのお顔も見かけました。ご挨拶しそこねた。今回は集会のみのご参加だったとか。また今度どこかで!


posted by tsurudep at 18:26 | Comment(0) | レポート

2016年01月19日(Tue)

総がかり月例19日国会前抗議

総がかりの月例19日抗議。昨日の雪の残る中、5800人が集結! 私は、例によって終わりシナにすべりこみ。 うつけんさんのスピーチを途中から聞きました。
CIMG5755.jpg

CIMG5758.jpg

CIMG5759.jpg

CIMG5771.jpg
posted by tsurudep at 21:37 | Comment(0) | レポート

2016年01月05日(Tue)

不思議な若者

年始初日の出勤日、朝の電車。20代とおぼしき青年がドアの脇に立ち車内を凝視している。
ちと異様な雰囲気。突然、1mも離れた女性に「あ、ごめんなさい。ぶつかりました?」。
ぶつかる距離ではない。女性は「いいえ」と一言、背を向けた。
自分もかかわりあわないようにしたいと本を出して読みはじめる。
しかし車内は混んできて、いやおうなしに彼の隣に。

「あ、すいません。ぶつかりましたか?」「いいえ」私も半ば無視して本を読み続ける。
彼は私のカバンにつけたバッジを見つけ「アベ政治を許さないってどういう意味ですか?」と聞いてきた。(因縁つける気か?)と思い若干身構える。
「文字の通りですよ」と視線を本から話さず答える。「なんで許さないんですか?」
(しょうがない、相手をするしかないか)と、本をしまって彼の顔を見る。
優しそうな笑顔。あれ?悪意はないようだ。ちと応対を変更。

「悪いことばっかりしているからね。」
「そうか。やめちゃえばいいのにね。総理大臣でしょう?」「そう」
「共産党は志位さん、公明党は誰だっけ?」「山口さんだね」
「このバッジはどこで買えるの?」「デモに行くと売っているよ。国会前とかね」
「国会に行く時は大声を出したりしちゃだめなんでしょう?」「中はそうだよね」
「図書館も静かにしていないといけないんだよね。知らない人に声をかけたりしちゃだめなんだよね。」「そうだね。迷惑になるからね」
まるで子供との会話だ。終始笑顔で優しい声で話す若者。

「我孫子で事件がありましたね」彼の話はひょいと飛ぶ。
「寝屋川では中学生が殺されましたね。小中学生は5時に家に帰るきまりにしたら良い」
「でも昼間だってあぶないからなあ。」「でも夜の方があぶないよ。このバッジはどこで買えるの」
「デモで」「どこの?」「国会議事堂前とか。安保法制反対とかのね。」
「安保法制かあ。ただでくれるの」「300円くらいかな」
ここで、昨日買った予備のやつがあったのを思い出した。
「1個あまっているからあげようか?」
「いえいいです、自分で買うから。何度も同じこときいてすみません」「かまいませんよ」
彼は笑顔のまま、私が降りるひとつ前の駅で降りていった。

普通の人とはちょっと違う感じだが、実に心が平穏な状態なんだなと思わせる彼の笑顔のオーラは、私にも影響し、1日落ち着いた気持ちですごすことができた。
彼は「アベ政治を許さない」のバッジを手に入れることができるだろうか。
もしかしたら、どこかのデモで彼とまた会えたりするかもしれないな・・・

posted by tsurudep at 21:59 | Comment(0) | 日記